ニーズに合った業者選び

遺品整理と生前の整理

遺品整理と買取

プロに任せるとどんなことをしてくれるのでしょうか。
遺品整理士という資格を有した人が不用品の中でも貴金属やバッグ、印鑑、アルバムなど必要なものとに分け、更に不用品の中でもリサイクルに出すものと廃棄のものに分類してくれます。
アパートにしろ自宅にしろ、状況によっては清掃やリフォームが必要なケースもあります。
つまり整理から処分と原状回復までの一切をお任せできます。
個人に対する供養もしれくれるので有難いですね。
高齢化に伴って生まれたこの遺品整理士と言う資格ですが、国家資格ではありません。
しかしこの資格を持っていることで利用者の安心に繋がっているという事実もあります。
費用はお部屋の広さや必要な人数によって違ってきますから見積もりしてもらいましょう。

生前整理

高齢化のみならずどうしても片付けができない人もいます。
結果的にはお部屋はゴミに溢れていることもあるかも知れませんが体が不自由であったり事情がある人もいます。
一番の需要は急遽老人ホームに入ることとなったお年寄りが多いのは実態です。
色々な事情で施設に入るのですが、意識や気持ちははっきりしていても体が自由に動けないなどの理由でご本人からの依頼も多いと聞きます。
一生施設にいる状態か、リハビリ後自宅に戻る予定かによっても依頼内容は違ってきますが、怪しい業者がないとは言えません。
市の役所やケアマネ地域の支援センターなどで相談して安心な業者を決めましょう。
勿論事前の見積もりをお願いすることになりますがネットでも概算として出ているので参照すると良いかもしれません。
買取に関しては別途の申し込みが必要な場合もあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る